2017・06
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2012/12/23 (Sun) 最後のご挨拶

これで燈子のひとまずの物語は終わりです。
どこかで続くのではなく、この先は私も関われない彼女だけの物語。
この先の彼女の行く末については最後のシナリオ群に任せます。
書かれなかった物語もきっといくつもあるのでしょうが、それもまた別の話。
このブログもこれにて時を止めます。

ステシにも書いた様にTW4へは燈子を連れていきません。
背後もTW4で活動する予定は今のところありません。
自分を鑑みるにつけ今はいくつもの物語を駆け抜ける体力がなさそうです。
何より学園生活を満喫しました。
本当に本当に楽しかった。

それにしても5年間はあっという間のようでいて結構長かったです。
親しい方の顔ぶれもいつの間にか変わってしまいました。
私自身、何度も体調不良や避けがたい事情で長期にわたってお休みしましたが
居場所を残してくれた方々のおかげでこの世界に留まり続けることができました。
関わらせて頂いたPCさん、PLさん、MSさん本当にありがとうございました。
とくに小藤MSさんには心から敬愛の情を捧げたいです。
いらないですか!いらないですね!うわーい!

そして誰よりもエイゼン君とエイゼン君の背後さんに心からの感謝を。
勘違い(多分)からはじまった謎の関係の開始から5年間にわたり、
態度のはっきり出来ない子供の燈子を待ち続けた彼はすごかった。
背後はもうロリコンで良いじゃないかと何度思ったことか。
たとえ二十歳をすぎても女装が似合おうが、その男前な心意気に喝采を送りたい。
最後の最後にようやく恋人を名乗れるようになった二人のこれからが楽しみです。

実のところ、燈子のイメージを崩しそうで嫌だったという理由があり
背後がゲーム外の手段で他の背後様と繋がることに積極的でなかったので、
銀雨の世界の終了=ほとんどの仲良しのプレイヤーさんともお別れとなります。
もうちょっと交流しておけばよかったかと今になって少しだけ後悔しつつも、
いつか別の世界で偶然運命の糸が繋がったりしたら素敵だとも思ったり。

その為にもどの世界でも誰かの琴線に触れられるPCでいられたらいいなと。
例によって例のごとく、いつもどおり空回りの気配が濃厚ですが。
何事にもぐらぐらと心揺れやすい私には難行です。
それでも、いつかまたどこかの世界でお会いしましょう。

それでは皆様、お元気で。
長い間本当にありがとうございました。

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | 彩られた未来へ 仮プレイング>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://b42251.blog94.fc2.com/tb.php/94-d8f39c63

| TOP |

プロフィール

後ろの人

Author:後ろの人
株式会社トミーウォーカーのPBW『TW2:シルバーレイン』のキャラクター神楽坂燈子のブログ…だったのですが、ここでまでキャラ口調は無理だったので、背後の覚書用と化しました。ゲームをご存知でない方はご遠慮ください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。